疲労回復におすすめの方法や食べ物まとめ|ストレッチやサプリを併用して疲れ知らずの毎日を

「毎日睡眠をとっているのに、なかなか疲れが抜けない」と感じていませんか?

わたしたち現代人は、疲労回復は、ただ休むだけではなかなか実感しにくいという実情があります。

このページでは、疲労回復におすすめの方法などをまとめました。あなたの休養ライフの助けになれば幸いです。

なぜ睡眠だけでは疲労が回復しにくいのか

毎日しっかり睡眠時間をとっているのに、睡眠が回復しにくいことがあります。

考えられることとしては、必要な栄養素が足りてないことや、自律神経の乱れなどが考えられます。

もし、疲労感が長く続いていたり、生活に支障が出るほど倦怠感がある場合は何らかの病気が背景にある可能性もあります。そういった場合は、早めに医療機関を受信して下さい。

参考:疲労、全身倦怠感~体がだるい、重い、疲れがとれない~(厚生労働省ホームページ)

疲労回復におすすめの食べ物や食事メニュー

ここでは、疲労回復におすすめの食べ物について紹介します。

身近な食材で、疲労回復を実感しやすいものもあるため、参考にしてみて下さい。

【厳選5つ】疲労回復におすすめの食材や食事

疲労回復におすすめな食材を下記にまとめました。

疲労回復食材

にんにく

にんにくにはアリシンと呼ばれる栄養素が含まれています。

食欲を旺盛にし、消化も助けてくれるため、疲労回復へ有用な食材の代表格です。

豚肉

豚肉には多くのビタミンB1が含まれています。

ビタミンB1は、糖質などをエネルギーに変換する働きをもち、筋肉や神経の疲れをやわらげる働きがあるため、疲労回復には非常に有効です。

卵は「完全食」とよばれるほど栄養素が豊富です。

たんぱく質も多く含まれ、疲労回復に必要な必須アミノ酸も多く含むため、しっかり摂取したい食材です。

鶏胸肉

鶏胸肉にはイミダペプチドという栄養素が含まれています。

イミダペプチドは疲労医学の専門家である梶本修身先生が疲労回復に効果があると言及しています。

食べにくい印象があるかもしれませんが、調理法によってはおいしく召し上がって頂くことが可能です。

玉ねぎ

疲労回復の食材の代表格が玉ねぎです。

玉ねぎには、神経を休めてくれる硫化アリルという成分が含まれるため、疲れを感じている時には積極的に食べたい食材です。

疲労回復におすすめのレシピや料理について

ここでは、疲労回復におすすめのレシピを紹介します。

疲労回復レシピ

疲労回復レシピ1:生姜焼き

豚肉のビタミンB1と生姜が疲労回復を助けます。

玉ねぎを入れれば、さらに疲労回復が見込めます。

レシピ詳細>>

疲労回復レシピ2:牡蠣とほうれん草のオイスターソース炒め

牡蠣にはグリコーゲンや必須アミノ酸など、多くの栄養素が含まれます。

亜鉛なども含まれており、疲労回復に期待できるため、ぜひ食べたい料理です。

レシピ詳細>>

疲労回復レシピ3:鶏胸肉のおろしポン酢

疲労回復成分のイミダペプチドを多く含む鶏胸肉を、おいしく食べられるレシピです。

ぱさつかないため、多くの鶏胸肉を食べることができます。

レシピ詳細>>

疲労回復におすすめのサプリや栄養素について

ここでは、疲労回復におすすめの栄養素やサプリメントについて解説していきます。

疲労回復に良い栄養素

疲労回復に良い栄養素をまとめました。

疲労回復に良い栄養素

  • ビタミンB1:筋肉や神経の疲れを和らげます。
  • ビタミンB2:不足すると疲れが取れにくくなります。
  • ビタミンB6:中枢神経の働きを正常に保つはたらきがあります。
  • ビタミンB12:神経の機能を正常に保つ働きがあります。
  • ビタミンC:身体の免疫力を高めます。
  • ビタミンE:細胞の酸化を防ぎ、疲労物質を運び去るのを助けます。
  • イミダゾールジペプチド:最近発見された疲労回復に有用な栄養素です。

参考:体の疲れに良いビタミン(タケダ健康サイト)

疲労回復におすすめのサプリメント

疲労回復のためのサプリメントは、上記の栄養素が含まれているものがおすすめです。

特に、イミダゾールジペプチドのサプリメントは効果を実感しやすく、コンビニなどでも安く購入できるため試してみるのも良いですよ。

疲労回復にプロテインは良い?

プロテインは、良質なたんぱく質を多く摂ることができるため、疲労時にもおすすめです。

BCAAなどが含まれているプロテインは、特に疲労時に摂取すれば回復を感じることが多いようです。

商品によっては、甘味料などが多量に含まれているプロテインもあるため、原材料に注意して選ぶようにしましょう。

疲労回復のための栄養ドリンクや飲み物について

疲労回復のための栄養ドリンクは効果を実感しやすい場合も多いです。

注意して頂きたいのは、砂糖が多く含まれているドリンクは避けて下さい。

砂糖を摂りすぎると、インスリンの分泌が乱高下し、倦怠感に襲われる原因となります。

ジュースなどは砂糖が多量に含まれており、飲んだ瞬間は気分が爽快でもその後疲れがやってくる場合もあります。

疲れをとるための栄養ドリンクであれば、砂糖を使用していないものをおすすめします。

【即効性あり】家やジムでの疲労回復ストレッチ&マッサージについて

家やジムでできるおすすめの疲労回復ストレッチ&マッサージです。

こちらの動画のように、ヨガのポーズなどを取り入れることで疲れをとりやすくなります。

ストレッチは疲労に即効性があるため、疲れが抜けない方は是非試してみて下さい。

運動後のストレッチは特に血液の循環がよくなるため、疲れが取れやすくなります。

疲労回復に効くツボ一覧

ここでは、疲労回復に効きやすいツボをまとめました。

ツボは気軽に実践できて即効性を感じやすいため、ぜひ試してみて下さい。

疲労回復のツボ1:志室(ししつ)

志室というツボは、疲れたときに有効です。

ひじと同じ高さで背骨のやや両脇にあります。親指で押して気持ちいいところがツボです。

疲労回復のツボ2:合谷(ごうこく)

合谷は、風邪のひきはじめや目の疲れなどにも効果的なツボです。

親指と人差し指の交わったところから、やや人差し指よりのへこみにあります。

疲労回復のツボ3:神門(しんもん)

神門は、リラックスをもたらし、気持ちをスムーズに切り替えます。不眠などの症状にもおすすめです。

手首のまがったあたりから小指側へいき、骨の出っ張りの手前の部分が神門にあたります。

疲労回復グッズのリカバリーウェアについて

疲労回復グッズには色々なものがありますが、弊社VENEXSHOPでは「リカバリーウェア」というアイテムを販売しています。

リカバリーウェアは、休養時に着用することで副交感神経を優位にし、普通に休むよりもより休息の質を高めてくれる衣類です。

VENEXと神奈川県と東海大学が産学公連携事業として技術開発をし、PHTという新素材を生み出しました。

PHTという素材にはナノプラチナなどの鉱物が含まれており、これによりより身体をリラックスした状態に導きます。

フィギュアスケートの羽生結弦選手や、イモトアヤコさんにもご愛用頂いており、現在多くの方にご使用頂いております。

リカバリーウェアについては下記のページで紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

疲労回復についてまとめ

この記事では、疲労回復のためになることをまとめさせて頂きました。

疲労回復についてまとめ
  • 必要な栄養素をしっかり摂取する
  • 必要であればサプリメントも併用する
  • ストレッチは疲労に即効性あり
  • 疲労回復に効くツボはおすすめ
  • リカバリーウェアを着ることで休息の質を高めることができる
  • 疲労や倦怠感が長く続く場合は医療機関へ

ぜひ、休息の質を高め、日々の生活を元気なものにして下さい。


VENEX公式ショップ

VENEXSOP