飛行機の疲れに悩まされる方必見!飛行機疲れの原因と対策を紹介、疲労回復の鍵は「リカバリーウェア」

旅行に出張、帰省でも使われる飛行機。

ですがエコノミークラスでの長距離フライトに悩まされる方が多いのではないでしょうか?

機内では長期間狭い座席に何時間も座り続けなければなりません。

いくらトイレに立てるとはいえ窮屈ですよね。気圧の関係で耳が痛くなったり、姿勢が固定されるせいで身体中が痛くなったり、機内が乾燥して風邪をもらうなどの経験があると思います。

耳が痛くなるのは耳抜きでしのぐ、機内の乾燥はマスクで対応する。

ですが身体の痛みはどうしようもない、そう思っていませんか。たしかにトイレに行けるとは言っても機内で体を大きく動かしてストレッチをするわけにはいきませんよね。

そこで、今回は自分でできる飛行機での身体の痛みを和らげ、リラックスしたフライトにする方法を紹介したいと思います。

機内で肩や腰など身体が痛くなる理由

飛行機のシートは当然エコノミークラスだとかなり座席のスペースがせまくなっています。

そのため、どうしても同じ姿勢で長時間座り続けることになってしまいます。その結果、血流が悪くなってしまい肩や腰に痛みが発生してしまいます。

また、血流の悪化に伴い手足のむくみも発生してしまいます。

長時間、座席に同じ姿勢で座ったままでいることで、膝の裏あたりの静脈の血が流れにくくなり、血の固まりができてしまう「エコノミー症候群」という病気もあるなど、飛行機の身体的な負担は極めて重大です。

飛行機内での身体の痛みを解決するための方法

それではフライト中に発生してしまう痛みを和らげてリラックスできる方法を教えたいと思います。

1. ストレッチをする

痛くなった部分だけでなく、腰や股関節、肩やふくらはぎなど包括的にマッサージしたり、シートベルト着用サインが消えた時は機内の通路を歩いたりして血行を促進させましょう。

しかし、マッサージは機内のスペース的にしっかりと行うことは厳しいですし、歩くのも通路側でない限り周りの人に気を使ってしまいそう頻繁に行えませんよね。

2. リクライニングシートを下げない

意外かもしれませんが、リクライニングシートを後ろに下げてしまうとかえって腰痛などを悪化させてしまう可能性があります。

シートの形状的に腰と背もたれの間に隙間が生まれてしまい、筋肉のみで体を支えることになり結果として負担が集中してしまうためです。辛いかもしれませんがリクライニングシートは下げない方が飛行機を降りた後は疲れが少ないということですね。

3. リカバリーウェアを着用する

最近では血行をサポートし、筋肉の疲れやだるさ、むくみをサポートしたりコリを和らげるリカバリーウェアが注目を集めています。

特に休養時に着用することでリカバリー効果を発揮し、オフタイムに着用することが推奨されています。アイマスクや首から肩をサポートするネックカバー、腕やふくらはぎをカバーするものや、お腹周りをカバーするもの、ブランケットタイプの製品まで様々なラインナップで用意されています。

リカバリーウェアとはなにか

リカバリーウェアとは、現代人なら誰しも抱える「睡眠障害」や「ストレス」、「慢性疲労」などの問題を、着て休むだけで人間のもつリカバリー能力をサポートして回復させる衣類のことです。

ハードな毎日を送る現代人のために開発されたリカバリーウェアは、最高のパフォーマンスを追究するアスリート、より高みを目指すビジネスマン、アクティブに毎日を過ごしたい人々にとって、必要不可欠になってきている上質な「休養」を提供する商品となっています。

上質な休養とは心身共に緊張が解け、ゆったりと落ち着ける環境にあってこそ得られるものです。疲れたからとただ横になっているだけでは、カラダは十分に回復してくれません。

1. リカバリーウェアのメカニズム

緊張した状態をほぐすには、ゆるやかでやさしい刺激が有効とされます。

例えばやさしいマッサージ、ぬるめの風呂への入浴、アロマテラピーなど匂い成分がもたらす刺激などがよく知られています。

ほっとカラダの緊張が解けて、リラックスしている状態、それが上質な休養と言えるもので、現代を生きる忙しい人々に、このようなコンディションをお届けするのがリカバリーウェアです。

「ただ着るだけ」で心地よい環境を整え「上質な休養」が得られるよう開発されました。

VENEXリカバリーウェアとは…?

リカバリーウェアの繊維に練り込まれているPHT※(プラチナ ハーモナイズド テクノロジー)は、運動後の身体が自らリラックス状態へ導かれることをサポートし、本来身体が持っているリカバリー能力を無駄なく発揮できる環境へと導きます。

着用することで運動後の筋肉の回復を促し、このテクノロジーにより、リカバリー能力が十分に発揮されることが期待できます。

2. リカバリーウェアの評価

実績も十分:世界最大のスポーツ用品見本市「ISPO」で、ベネクス リカバリーウェアが金賞を受賞

ベネクス リカバリーウェアは世界最大のスポーツ用品見本市「ISPO」で、金賞を受賞するなど確かな実績もあります。

<受賞理由>
近年、スポーツウェアがコンプレッション(着圧)でカラダを締め付けて運動中のパフォーマンスを高める商品が主流なのに対して、ベネクスリカバリーウェアは着圧による作用ではなく、素材の特性によって、カラダを締め付けることなく「人間が持つ本来の自己回復力を引き出す、これまでにないユニークなコンセプト」「アスリートの疲労をとって、休息をよりよいものにする革新的な製品」と、審査員からは高い評価をいただきました。(日本企業初の金賞を受賞。)

ISPOとは?
毎年1月下旬から2月上旬にかけてミュンヘンで開催される世界最大のスポーツ用品見本市です。

このイベントは、世界中の大小さまざまなブランドが集まり、見本市やコンペティションが行なわれます。ISPOに合わせて新商品発表をするブランドも多く、翌シーズンのトレンドがISPOで決まると言われる程、各ブランドにとって重要なイベントと位置づけられています。

科学的に証明された性能

リカバリーウェアにはベネクスが開発した素材であるPHT(Platinum Harmonized Technology)を使用しています。休養時のカラダを考えて独自開発したされたこの素材は、プラチナなどの鉱物を繊維1本1本に練り込んで作られるメイド・イン・ジャパンの新機能マテリアル。

その機能性は国内外の15以上の大学や研究機関との共同研究によって証明され、すでに多くの論文が発表されています。

休養時専用のウェアとしてPHTがカラダをやさしく包み込む感覚、特有の着心地をお楽しみください。なおPHTポリエステルフィラメント(PHT原糸)は エコテックス規格100(人体に有害な薬品を使っていない、健康に影響を与えないなど繊維製品の安全性を保障する国際規格) の認証を得ています。

体の部位別のリカバリーウェア紹介

1. 睡眠をサポートするアイウェア

飛行機の疲れの原因に、ライトが原因で眠れないというものがあります。
アイマスクを着用することでランプの点灯や着陸前のライトの点灯に煩わされることなく快適な睡眠の導入を助けます。

VENEXのアイマスクは、クッション性の高い生地(中綿入り)が目元をやさしく包み込みます。
ストレッチ性があり心地よくフィットするパターン・カッティングを採用しているので、休養時、就寝時の耳や後頭部の不快感を軽減してくれるのも特徴です。

2. 首回りや肩をサポートするネックカバー

血流の阻害による被害が大きい首回り。肩と首を包括的にカバーすることでリラックス効果を促進し疲れを軽減してくれます。

VENEXのネックカバーは頭からすっぽりと被り、首から肩回りを覆うポンチョタイプで簡単に着脱できます。つるっとしたポリエステル素材の軽く薄い生地で、肌触りの良いアイテムです。

伸縮性が高いので着用時にヘアスタイルや化粧を乱す心配がありません。“付け襟”のようにトップスの下に入れて着用すると、ハイネックを着ているように見えるので、外出時にも気兼ねなくご使用いただけます。

また、首周りを締め付けない“ゆる目のタートルネック”なので、就寝時などの長時間の着用でも気になりません。

 

3. 腕や足まわりをサポートするアイテム

アームカバーは手首からひじ上まで、レッグコンフォートはくるぶしからふくらはぎをカバーできるアイテムです。VENEXでは伸縮性のある生地を採用することでストレスなく着用でき、縫製にフラットシーマを採用することで肌に当たる裏地の縫い合わせ部分が気にならない設計になっています。

飛行機疲れのまとめ

まとめ

飛行機の疲れの主な原因は着席時の窮屈さによる血流の悪化。

飛行機疲れの解消方法としては下記の3点

簡単な足のマッサージや機内を歩くこと

フラットシートを下げずにそのまま座ること

リカバリーウェアを活用する

内容をまとめると、上記のようになります。

飛行機疲れの原因や解消方法などもまとめさせて頂きましたが、少しでも飛行機疲れの解消し、旅行やビジネスにエネルギーを貯めておける一助となれれば幸いです。

ベネクス(VENEX)のリカバリーウェアはスポーツ選手が愛用する疲労回復グッズで、PHTと呼ばれる特殊な繊維が身体の回復をサポートします。

筑波大学やドイツのボーフム大学など、国内外でも実証実験が行われており、科学的エビデンス(根拠)が取得されている商品です。

飛行機疲れだけでなく、日々の運動不足による手足のむくみや体の倦怠感、毎日の睡眠でお悩みの方にもおすすめです。

VENEX(ベネクス)のリカバリーウェアをお使い頂いた口コミ評判と効果をご紹介します

2018.01.31

 


VENEX公式ショップ

VENEXSOP